血糖値が低いと偏頭痛が起こる?

血糖値が低いと偏頭痛が起こる?

血糖値が低いと偏頭痛が起こる?

 

血糖値が低い状態は低血糖といいますが、
血糖値異常を起こして血糖値の上昇と下降が
激しくなったときに陥りやすい症状です。

 

低血糖になると動悸や体の震えなどが初期症状としておきますが、
症状の一つとして偏頭痛が起こることがあります。

 

偏頭痛は非常につらいものですが、
これはどうして起こるのでしょうか。

 

 

血糖値が下がると、血中には糖分が少ないということになりますが、
そのような状態で脳を正常に働かせるためには多くの血液を
脳に送って血糖量を補うことが必要になります。

 

そのため、血管壁が圧迫されて偏頭痛になるのです。

 

 

低血糖による偏頭痛になった時には、
低血糖の状態を回復させるためにも
糖質を取ることが対処法になります。

 

つまり、飴やチョコレートといった、
糖質を手軽に取ることができるものを食べることによって
偏頭痛を和らげることができるのです。

 

食事をした後にインスリンが過剰分泌されて血糖値が乱高下し、
低血糖になってしまうようなタイプの人は、

 

食後数時間たったタイミングで飴やチョコレートによって
糖分を摂取することで偏頭痛を防ぐことができます。

 

もし低血糖に陥りやすいなら、
偏頭痛などの症状をコントロールしていくためにも
このようなテクニックを活用していくといいでしょう。

本当に血糖値で困っている方だけ読んでください。